<PR>

美容室・美容院・サロン スマートフォン対応 ホームページ制作

美容室の経営について

美容室の経営を考える上で、検討するべきことはたくさんあります。
経営というと、よく出てくる話がスタイルのメニューの在り方・綺麗、お洒落な内装・立地などです。
しかし、よくよく考えてみてください。
本当に、重要なのはそこなのでしょうか?
わかっているけど、重要なことは「お客様」です。
「お客様」がいないとお店はつぶれてしまいます。美容室に限らず、経営は「お客様」から考えていかないといけないのです。そのために、必要なことは何か?を逆算して考えるのです。

大事なことはすべては「お客様を起点に考える」

具体的に考えてみましょう。

利益がしっかりと出るメニューの在り方

そのメニューはどんなお客様にどのように必要ですか?
価格的なものも含めて、お客様に満足して頂けるものになっていますか?
価格は他店と比較して、どうですか?
単純に他店がこの料金だから、ウチはこのぐらいの料金で!などという安易な料金設定をしていないですか?
料金は、こちらが提示した値段に対して、お客様が納得して頂ける金額であれば良いのです。
そのために、ウチのメニューは違うよ!ときちんと言えるものになっていますか?
美容室の経営は「お客様を起点に考える」ということを述べました。自分のお店のお客様は、カットだけが多いですか?カラーもやる人が多いですか?パーマの比率はどうでしょうか?

カットだけのお客様が多い場合は、当然顧客単価は減ります。そうであれば、売り上げを上げるための施策はシンプルに考えてどんな手があるでしょうか?

経営の次の一手として、カットだけのお客様の比率がほとんど変わらないとしたと仮定して、お客様の数を増やすという打ち手が一つあるでしょう。この場合、何をしなければいけませんか?
とにかく来店してくれる可能性の高い見込み顧客を増やしていくことが重要になりますね。広告やホームページ、媒体掲載などをもっと戦略的に考えていく必要が少なからずあるでしょう。

他の一手として、あまり人数は変わらないけれども、カラーやパーマをもっと利用してもらい、1人当たりの売上単価を上げるという施策です。
その場合、今まで何故カラーやパーマが少なかったのか?一度、じっくりと考えていきましょう。
スタッフがお客様に単価を上げる提案をしていない、カラーやパーマで競合他店に勝てるような技術がない、実はお客様は男性が多くて無理にカラーやパーマをやったら単価は上がるけれども実は売上に対して余計に時間がかかり、利益が出ないというようなこともありえるかもしれません。

上記を見て明らかに見えることがあります。

美容室の経営において、常に儲かるようなお店作りが出来るようになるためにオーナー、経営者は、

  • 「今の経営の現状をきちんと分析する」
  • 「分析した結果に対して次の最適な施策を的確に考える」
  • 「その施策をきちんと実行する」
  • 「実行した結果を良い・悪い、さらに、それはどうしてか?まで考える」

(※実は「今の経営の現状をきちんと分析する」と同じなのです。)

このサイクルを経営やマーケティングで、よく使われる言葉で「PDCAサイクル」と言います。

  • P・・・PLAN(プラン)
  • D・・・DO(実施)
  • C・・・CHECK(チェック、分析)
  • A・・・ACTION(行動)

経営はそんなにすぐに結果が出る場合もあれば出ない場合もあることでしょう。
ここで重要なことはあきらめずに、きちんとPDCAサイクルを実践していれば結果は必ず出ると考えて頑張りましょう!

自分自身のビジネススキルを日頃から身に着けておくようにしましょう。
お客様に支持されるお店であるために・・・こんなことをたまには考えてみると良いでしょう。

お洒落な内装

どれだけお洒落な内装だったらお客様は来店しますか?そうじゃないと来ないものでしょうか?よく考えてみる必要があるのではないでしょうか?

立地

立地がよくないとお客様は来店しないですか?
もし立地が悪くても、来店させる仕組みを整えれば良いだけです。それは出来ていますか?
経営改善しようとした場合、立地を変えるのは困難でしょう。立地を変えなくてもお客様が来る仕組みを考えないといけません。それは知恵次第でいかようにもできます。それは出来ていますか?

スタッフ

売上がない!と吠えているだけでは効果はありません。最近、プラス思考、モチベーションアップなどの研修が流行っていますが、それは本質的な問題かよく考える必要があります。
そもそも美容師として考えた場合、必要なスキルは、カット技術でけではありません。美容の知識もあるとベターですし、楽しいお話ができるもの良いことです。

美容室の美容師は接客業という面もあれば、美容業という面もあります。両方とも重要です。
凄く重要なことは、色々と来店してもらえる要因が複数ある中で、スタッフが自分自身で、「そもそもお客様は何故、私に来てくれるのか?」ということをできるだけ客観的に理解してできていることが大事です。
これを理解できているスタッフは普通のスタッフよりも大抵売上を持っているケースが多いです。何故なら、現状を分析できて、その次に何をしないといけないのかを理解する力が他の人よりもあるからです。

そのようなスタッフがかなり少ないのも実情ですが、変わる・変えないといけないところです。

ここで取り上げたのは、少しのことですが、それぞれに考えることはあります。

今からでも色々と考えるべきことを考え、売上をアップさせるにはどうするべきかを考えていきましょう。
やるべきことは色々とあります。その中で、現状分析をし、次の打ち手・施策を考え、そのための行動を起こし、良い結果も悪い結果も含めて何かしらの結果を出す、その結果に対して、また現状を分析して・・・繰り返す・・・
ということを繰り返しきちんと行っていければきっと大丈夫!

地域NO.1の美容室を目指して今から行動しましょう!

<PR>

新着記事